男性視点から見た女性の仕事と言うのは、時に差別的だったりするので注意しましょう。男尊女卑という時代ではありませんが、それでも男性によっては男尊女卑な考えの人もたくさんいます。そういった考えの人に負けないようにするためにも、女性はキャリアウーマンとしての実力を身につけるようにしたいところです。そうすれば、有無を言わさず男性に負けないような働きをして最前線で働けるようになるでしょう。

ただ、単純に同じ土俵で勝負をしても叶わないことが多いので、女性にしかできないことを考えることが第一です。例えば、オフィスワークだったとしても、表計算などの単純作業であれば男性よりも女性の方が有利だったりします。男性はそういった仕事をするとミスが増えてくるので、自分の得意なフィールドで勝負するようにしましょう。また、人を使うといったエグゼクティブな立場に立つなら、やはり色々と計画的で計算高い男性の方が有利な時が多いです。こういった時は無理をせずに女性として譲り、自分にできることをするように心がけましょう。男尊女卑という言葉に囚われすぎて無理をすると、逆に自分自身を追い詰めてしまうこともあります。そういったことにならないようにするためにも、しっかりと実力をつけてその力を得意分野で発揮するように心がけましょう。そうすれば、男性と一緒に差別を受けずに働けるきっかけが生まれます。仕事はチームワークなので、大切にしておきたいところだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。